ライフハック

フルーツ缶の内側のうろこ状の模様が気になった。

フルーツ缶詰の内側が気になったことはありませんか?開けたとき、缶の内側が白いうろこ状になっていたり、黒くなっているのは何が起きているのか気になったので調べてみました。

缶の内側のうろこ状の物はいったいなに?

それは、酸素とスズが反応した部分はスズが溶け出すことにより缶の素材の色が透けて見えるので、黒く見えたり白いうろこ状になることがあります。

一般的にフルーツ缶は内側にスズを塗り、缶内およびフルーツやシロップに残っている酸素と反応させることで色や香りなどの変質を防止しています。

缶内に溶け出したスズを食べても問題はないのか?

スズを食べたとしても体内に吸収されることなく排出されるため問題はありません。ただ、穴が開いていたり変形したりして缶の密封状態が損なわれていた場合はフルーツやシロップの品質を保つことができないので、開けたとき、中身の色やにおいが変わっていた場合は食べないほうがいいでしょう。また、開封後は別の容器に移してなるべく早めに食べることが大切です。