おみやげ

岡山銘菓「むらすずめ」をばら売りしていたので食べてみたら旨すぎてお土産に最高と確信した

山陽道の吉備サービスエリアで休憩した際に売店で岡山銘菓の「むらすずめ」をばら売りしていたので買って食べてみたよ。

岡山銘菓「むらすずめ」とは

小麦粉・卵・砂糖等を用いた生地を丸く薄く片面のみ焼き、焼いた面でつぶ餡を包んだ和菓子。その特徴は「和製クレープ」とも表現される。藤戸饅頭と並んで倉敷を代表する銘菓。

1877年(明治10年)に倉敷市の橘香堂が考案した菓子を、当時の倉敷町長・林孚一が「むらすゞめ」と名付けたのが発祥とされる。

古く天領であった倉敷にはイグサの編み笠を被って踊る豊作祈願の夏祭りの伝統があり、踊る人々の編み笠がイネに群がるスズメに見えたことから祭りは「群雀(むらすずめ)」と呼ばれており、菓子の見た目がイグサの編み笠に似ていたためこの名前となった。

現在では「むらすずめ」は倉敷市・岡山市を中心に数店舗の和菓子店で販売されているが、地元倉敷においても橘香堂が知名度で他を圧倒している。

山陽道宮島SAで食べた広島名物「がんす」は美味かったで「がんす」 ども。よっこらパパです。 この間、山陽道を走ってて休憩に宮島サービスエリアに寄ったんだけど、その時に始めてみた食べ物があったのだ...

商品裏側

いくつかのお店が「むらすずめ」を販売してるらしいが、こちらの商品は老舗の橘香堂の商品だった。

開封してみた

食べてみた感想

和声クレープの名前の通りで外はふわふわでシットリ、中身のあんこは甘すぎない。丁度一杯のお茶に合うように計算されているかのような大きさ。

名前の由来の「踊る人々の編み笠がイネに群がるスズメに見えたことから祭りは「群雀(むらすずめ)」と呼ばれており、菓子の見た目がイグサの編み笠に似ていたため、とあるが、日本人の感性の豊かさが現れた銘菓だと思う。岡山でもキビ団子と肩を並べるほどの有名なお菓子。味は間違いない。「名物銘菓に旨いものなし」と言われることもあるが、これはうまい!機会があれば味見を兼ねてバラ売りを買って食べてみてほしい。間違いなく銘菓の称号に納得すると思う。

運転中にもパクパク食べられてしまうので食べすぎ注意!1個180円。

岡山土産はド定番中のド定番「きびだんご」が万人受けに間違いなし! 岡山に出張に行くとやはり土産が必要なんだよねぇ。どうして仕事で行ってるのに土産を買わなにゃ~いかんねん!そういうボヤキはここだけにして...
山陽道吉備SAで「味付け 焼きままかり」を買ってみた。ままかりの味は感じられたか正直レビュー。 出張帰りに酒が大好きな友人がいるので、何かいいお土産ないかと、店内をキョロキョロと探していたところ、見つけましたぁ!ありましたぁ! ...