お菓子

【ロッテ】カスタードケーキ生クリームシフォンケーキを食べてみた

僕は小学4年生から父子家庭だった。オヤジは仕事に専念するために夏休みの間だけオヤジの実家に弟と2人預けられた。

夏になるとお盆を迎え、オヤジの兄弟が、それぞれの家族を連れて墓参りに帰ってくる。そこで久々の再開となるのが「いとこ」たちだ。年に2度、盆と正月に再開する。

「いとこ」たちとの久々の再会は最初は嬉しい。が、2日もすると帰って行く「いとこ」たち。僕の家でもないのに、夏休み中ずっとそこにいて、なぜか「いらっしゃい」と声をかけ、「じゃぁまたね」と送り出す。

自分の家ではない不自由さが40日間続く。目の前はテトラポットが置いてあるだけの寂しい海と、セミが大合唱するお墓が林立する山。友達もいない本当に不自由な40日間。弟は何をしていたのだろうか?僕は小学4年生から6年生までの3年間の夏休みの記憶がほとんどない。

数少ない記憶にあるのは40日ぶりに迎えに来てくれたオヤジの顔を見てワーワー泣いたこと。その記憶はある。嬉しい記憶として。

ロッテ カスタードケーキ生クリームシフォンケーキ

ロッテのカスタードケーキシリーズの家族。今回はクリーム量を140%にアップし、生クリームを使用した生地らしい。クリーム系のケーキが大好きな僕には大変美味しくいただけた。

このカスタードケーキはチョコパイの親戚になるのだろうか・・・?