ライフハック

家を守るために屋外用人感センサー付き防犯灯を取り付けてみたら意外と簡単かつ明るくて安心して夜を過ごせた

ども。よっこらパパです。最近は日本全体で治安が悪化してるような気がしない?我が家の周囲も時々警察の防犯メールで「泥棒が出ました」みたいな連絡が来るようになったんだよね。我が家は田舎だから、夜は街灯もほとんどなくて、道路も真っ暗な所があるから心配。特にここのところ凶悪強盗事件も多発してるしさ。こうなったら自衛していくしかないっ!

乾電池式 防犯 人感 センサーライト

人感センサーに反応するとこういう感じにライトが点灯する。乾電池式だけど、しっかりLEDライトがまぶしく照らしてくれる。

アップにするとこんな感じ。ライトは左右上下に動くので照らしたい方向に向けることができる。

土台の取り付け方

今回は壁面につけた。ライト本体のカバーを外して、付属のネジで取り付けるだけ。壁に穴をあけたくない場合は、板切れに穴を開けて、板切れをどこかに固定するとか、雨どいに固定するなど、方法はいくらでもあるよ。

配線を考えなくていいから便利

乾電池式なので配線を気にすることが無いのが一番いい!どこでも簡単に設置できる。

本体を設置する

これは裏面のカバーから外した状態。これをカパッと土台にはめるだけ。

で、ネジで固定する。どう?超簡単でしょ?

 

電池交換

電池は単三電池3本で2~3か月は持つけど、我が家は2か月で替えてます。替え方はさっきの土台から外すと、すぐに電池カバーがあるのでそこのツメの部分のフックを持ち上げると簡単に電池カバーが外れるよ。この商品は防水対応なので、結構雨が入らないような細かい細工がしてらうことがカバーを外すと確認できるよ。

長さが変えられる

点灯を開始する暗さを調節するスイッチ。左は月マーク、右は太陽のマーク

この商品の良いところは、点灯時間の長さや、人感センサーが働きだす暗さを設定できるところ。これはありがたい。

ダイヤルを変えることで点灯時間を変えることができる。

点灯時間の設定も可能で、人感センサーに反応してすぐに切れては危ないので、しばらくは点灯状態を維持できるように設定してあるよ。

これは真っ暗な時間に人感センサーに反応している状態。かなり明るいのがわかるかな?

これからは自分で積極的に防犯対策を考えていく時代。今回の商品は3000円台の商品だけど、毎日夜になると防犯に一役買ってくれている!みなさんもぜひ!