グルメ

山陽道宮島SAで食べた広島名物「がんす」は美味かったで「がんす」

ども。よっこらパパです。

この間、山陽道を走ってて休憩に宮島サービスエリアに寄ったんだけど、その時に始めてみた食べ物があったのだ買ってみたよ。

広島名物「がんす」

その名前は「ガンス」でがんす。・・・・。昭和の匂いのするオヤジギャグですんません!

でも、ついついそう口から出てしまう変わった商品名「ガンス」とは何なのか?どんな味がするのか?食べてみるで「ガンス」。2回目すんません。

「ガンスの特徴」

かまぼこ(蒲鉾)原料のすり身に野菜や一味唐辛子などを混ぜ、長方形に成形し、パン粉を付けて揚げた製品。魚ロッケ(佐賀県、大分県、山口県)や赤天(島根県)などと同じ魚カツの一つ。薩摩揚げ(鹿児島県など)やじゃこ天(愛媛県など)と異なり、形状は基本薄く表面にパン粉をつけて揚げている。きつね色に揚がったパン粉の香ばしさとサクサクとした食感、野菜の甘味などが合わさった後を引く食味が特徴。

                                 引用:wikipadiaより

名前の由来は広島弁の「がんす」という言葉で「そうです」とか、「そうでございます」といい意味らしく、目上の方に対して扱う謙譲語の意味を持つ丁寧な言葉遣いだそうだ。。広島市西区の蒲鉾屋または呉市の蒲鉾店が最初に名づけたなどの説がある(諸説あるらしい)

意外とマイナーな存在だった過去

広島県西部ではメジャーだった食べ物だったらしいが、広島中心部ではマイナーな食べ物とされていたらしく、広島県内で「がんす」の存在を広めたのはご当地アイドル「がんす娘。」の功績が大きいらしい。おかげで「がんす」が広島県内に広がり「広島名物」となった。

食べた感想

見た目は長方形のカツ。取り出してみると柔らかく弾力があり、表面はキメの細かいパン粉で覆われている。元は魚のすり身をあげたものだから、商品は冷蔵棚にあったので、お店で食べるときはアツアツが提供されるのだろう。

さて、食感はじゃこ天。じゃこ天=いわしのすり身のかまぼこ天ってぽい。魚の匂いはあまり感じないのは何か調理法、調味料に工夫がしてあるからか?

味はすり身フライだけど非常に美味しい。少しピリッと感じるのは唐辛子が少し入っているかららしい。でも子供でも十分食べられる辛さだと思う。また、フライといっても今回食べたものは、フライのようなサクサク感はなかった(冷蔵してあるので)。もし買って家で食べるときはオーブントースターで温めるとサクサクの食感が味わえそう。

小腹が空いていたのもあるが、ついついもう1枚と手が伸びる一品。個人的には揚げたてに、ソースをかけて食べたかった。サービスエリアで揚げたてガンスを食べさせてほしい笑

ちなみに、このガンスは先日泊まった「東横イン広島駅スタジアム前」の朝食で食べられた。皆さんも見かけたら是非食べてみて欲しい一品でした。(味の感想はあくまで個人の感想です)

おまけ

山陽道の宮島サービスエリアは結構芝生の面積が多く、また瀬戸内海、そして厳島神社を大眺められる場所もあったので、休憩スポットにはおすすめのサービスエリアです。