ライフハック

バナナの変色が起こる理由と防ぎ方。暑い時の保存場所は〇〇がオススメ

バナナは、ビタミンCやビタミンB6、カリウムなどの栄養素が豊富で、特にカリウムは心臓や筋肉の健康に必要な栄養素として知られています。また、繊維質も豊富に含まれているため、腸内環境を整える効果があります。

バナナは、生で食べたり、スムージーやフルーツサラダ、パンケーキのトッピングなどに利用されます。また、バナナを乾燥させた「ドライバナナ」や、バナナのピューレを加工して作られた「バナナジュース」など、様々な食品に利用されています。

最近ではコンビニでも手に入るようになったバナナですが、「購入したのはいいが黒く変色してしまった……」という人は少なくないのでは? そこで今回はバナナが変色する理由や保存方法のコツなどを調べてみました。

バナナが黒くなる理由

バナナは熱帯の果物なので「温度変化に敏感」です。極端な高温や低温は変色の原因となります。それに衝撃にも弱く、そういった刺激を受けると皮や中身が黒くなってしまうのです。バナナは実はデリケートな果物なのです。

バナナの上手な保存方法

保存温度ですが、最適温度は15度~20度とされています。リビングやキッチンがおすすめです。また、直射日光の当たらない、風通しの良いところでの保管が望ましいです。夏場の高温期は熟しているサインの“茶色い点(シュガースポット)”がバナナに出てくるのが通常よりも早くなります。

暑い時期は、熟すスピードが早くなってしまうからで、それを避けるには皮が変色してしまいますが、冷蔵庫の野菜室で保存する方法があります。

変色したバナナの食べ方

黒く変色したバナナは、果肉の一部はやや柔らかくなってしまっている場合がありますが、基本的にはまだ食べることができます。以下に、変色したバナナを食べるための方法をいくつか紹介します。

生で食べる

変色したバナナをそのまま食べることができます。黒ずんだ部分は果肉が甘くなっているため、より甘みが強く感じられる場合があります。

焼いて食べる

変色したバナナをオーブンで焼いて、トーストやヨーグルトのトッピングに利用することができます。バナナの甘みが増して、美味しくいただけま

スムージーに加える

変色したバナナを、スムージーの材料として利用することができます。黒ずんだ部分を切り落とし、果肉を刻んでミキサーにかけると、甘みが強く感じられるスムージーが作れます。

ただし、変色したバナナは表面に傷みが進んでいる場合がありますので、腐っている可能性もあります。傷みが激しい場合や異臭がある場合には、食べずに捨てるようにしましょう。また、アレルギーを持っている場合には、変色したバナナを食べる前に医師に相談することをお勧めします。